1. 盛岡さんぽ
  2.  > たべる
  3.  > 手軽に本格イタリアン「ジョアンズキッチン・シャトン」

手軽に本格イタリアン「ジョアンズキッチン・シャトン」

イタリアン・中ノ橋

盛岡中ノ橋「ジョアンズキッチン シャトン」の外観

みんな大好き、
ジョアンさんのお店。

有名なお店なのでわざわざ書く必要もないかもしれないのですが、最もよくランチした好きなお店の一つには間違いないので、やっぱり投稿してみることにしました!

 

ちょっとコンパクトなお店はいつもお客さんでいっぱい。

店内が猫グッズだらけのイタリアン「ジョアンズキッチン・シャトン」。

ジョアンさんはブラジル出身で、東屋で修業なさったそうです。

ちなみに「シャトン」は猫って意味だそうですー。

盛岡中ノ橋「ジョアンズキッチン シャトン」のビーフシチュー

何度食べたかわからない
お気に入り。

いきなりですが、大好きなものから。

「県産和牛ほほ肉の赤ワイン煮」(パンorライス付き)¥960。

 ほほ肉を13時間じっくり煮込んだという本格派ラグー。ほろっほろでお口の中でとけちゃう系です。

他にもランチには「県産和牛リアルハンバーグのトマトソース添え」「シーフードドリア」「焼きカレー」「ハンバーガー」などバラエティーに富んでいます。

季節の肉・魚料理もあって、だいたい1000円前後です。

ランチはサラダ・スープ・ソフトドリンクつき。

盛岡中ノ橋「ジョアンズキッチン シャトン」のパスタ

パスタはもちもち
手打ち生パスタ。

岩手県産の南部小麦「ゆきちから」を使ったパスタは、手打ちの生パスタでかなりのもちもちです。

固定のパスタ7種と、季節ごとにおすすめで出されるパスタがあって、季節のおすすめはだいたい細麺と平麺の2種があるようです。 

この時の季節メニューのパスタは「二戸産佐助豚のサルシシャ(生ソーセージ)とわさび菜のペペロンチーノ」。

もう一つは「牡蠣のレモンクリーム」でした。いつももんのすごく迷う。

柔らかいパスタなので、私は麺がくっつかないように初めにソースと混ぜてますw

ラビオリビーフシチュー

どっちも諦められない時は。

ラグも生パスタも諦められない時には「いわて黒毛和牛ほほ肉赤ワイン煮のラグのラヴィオリ」!

ラヴィオリはリコッタチーズとトリュフ風味を包んだパスタで、もちもちの表面にソースがよく絡んでくせになっちゃう。

 

積極的に地元の食材が使われているので、盛岡に遊びに来てくれた友人を連れて行くにもちょうどいいです。

盛岡中ノ橋「ジョアンズキッチン シャトン」のケーキ

ブルーベリータルトが絶品。

ケーキは手作りで¥350で「チョコレートとピスタチオムース」「タルト・オー・ポム」「ホンプ・オー・ポワール」など手作りのケーキが7種類あります。

が、私はこのランチについてくるシンプルなブルーベリータルトが一番好きなのです…!

お料理は味が濃厚なので、酸味と甘味がちょうどよいこのタルトの相性がいいです。

 

盛岡中ノ橋「ジョアンズキッチン シャトン」のスイートポテト

足りない時はスイートポテト。

最近お気に入りなのが「スイートポテト」!さつまいもの甘さがしっとり詰まってて、食べごたえがあります。

 

他のメニューもそうですが、基本的にランチのコストパフォーマンスは高いと思います。

お店を出るとき、恰幅のいいジョアンさんが必ず顔を出して挨拶してくださって、いつも気持ちよくお店を後にすることができます。

ディナーは未体験。

店内の雰囲気もがらっと変えるそうで、期待しちゃう…!

ジョアンズキッチン・シャトン

ジャンル イタリアン
電話 019-653-0234
住所 岩手県盛岡市中ノ橋通1-3-20
URL http://www.joaoskitchenchatons.jp/
営業時間 11:00~15:00
17:00~19:00
19:00~予約のみ
定休日 毎週火曜日 第2月曜日
駐車場 有り
タバコ 禁煙

ページトップへ

Aki

神戸生まれ東京育ち、盛岡歴2年。Webサイト制作のお仕事をしています。
盛岡が気に入りすぎて、個人的に好きな場所やモノを紹介するブログを書くことになりました。
盛岡に住んでいる方には新しい発見が、盛岡を知らない方にもステキなところだと知って頂ければうれしいです。

※必ずお店の方に許可を頂いて写真を撮っています。※記事の内容は個人的な感想です。また施設やお店の情報は私が訪問した時のものです。現在と異なる場合がありますので、必ず施設やお店に直接ご確認ください。
※サイト内の写真の無断転用を禁止します。お使いになりたい場合はFacebookよりご連絡ください。

Aki

Copyright © 盛岡さんぽ All Rights Reserved