1. 盛岡さんぽ
  2.  > たべる
  3.  > コーヒー人生にこの名店「fulalafu フララフ」

コーヒー人生にこの名店「fulalafu フララフ」

コーヒー生豆・鉈屋町

盛岡鉈屋町の生豆コーヒー店「fulalafuフララフ」の外観

ほんとは紹介したくないお店。

ご存知のように、この「盛岡さんぽ」は趣味で書いている個人的なブログです。

私が盛岡に来た時に、いいお店を見つけるのに苦労したことから、他の人の役に立てばいいなと思って書いているのですが、ちょっと、ジレンマもあるのです…。

 

よく「取材してるのですか?」と聞かれますが、基本的にはしていません。

ただのお客さんとして、私がほんとうに気に入っていて、実際によく通っていたり、人に紹介したい!と思ったお店や場所だけを、完全に独断と偏見で選んでここに書いているのですw

でも気に入っているぶん、もしこのブログに書いたせいでお客さんが増えて、私が行った時にお店が満員で入れなかったりしたらどうしよう…(考えすぎ)などと思って、紹介したいけど紹介したくないお店もあったりするのです…。

盛岡鉈屋町の生豆コーヒー店「fulalafuフララフ」のコーヒー

認めます。
ほぼfulalafuのコーヒー依存症です。

なので、ほんとはこのお店もずっと書きたいけど書けないお店でした。思い入れが強すぎたとも言えます…。 

私が最も通っているお店のひとつ。コーヒー生豆専門店、fulalafu フララフ。

我が家で淹れるコーヒーで一番多いのはここのお店の豆です。

 

約20種の豆が置いてあり、お好みに合わせてその場で焙煎してくれます。

すでに焙煎済のものも8種類くらい置いてありますので、お急ぎの時はそれを買って帰ることもできます。

盛岡鉈屋町の生豆コーヒー店「fulalafuフララフ」のコーヒー豆

私のコーヒーの嗜好を変えた生豆と焙煎のお店。

よく「コーヒー大好き♡」と書いていますが、実は盛岡に来るまでは「コーヒー牛乳大好き♡」でした。

だいたい牛乳が大好きで、なおかつお子様なので、ブラックでいただくことなんぞ殆どなかったのです。

 

ところがこのお店に通うようになってから、私はすっかり変わってしまいました。

コーヒーはブラックでしか飲まなくなり、しかもちゃんと豆から挽いて、一杯づつ手で淹れるようになったのです。

エスプレッソマシンも、コーヒーメーカーも使わなくなりました。

 

豆の種類を自分で選んで、焙煎度合いも決めて、焙煎が終わるのをコーヒーの匂いでいっぱいの店内でゆっくり待つ。

そんな豆を家に持って帰ったなら、一杯一杯ちゃんと手で淹れて、立ち昇る香りや、出来るまでの時間も楽しみたいと思うようになったのです。

美味しいから器械で淹れるのが持った得ない気がするというのもあったりするかも…。

盛岡鉈屋町の生豆コーヒー店「fulalafuフララフ」の店内

その場でお好みに焙煎してくれます。

 沢山の種類の豆がありますが、それぞれに「まろやかな酸味とコク、透明感のある味わいが口の中に爽やかに広がる」などと丁寧な説明があり、詳しく教えてくれます。好みを言ってもそれにあった豆を提案してくれます。

 

焙煎具合も「中煎り(ハイロースト)」「やや深煎り(シティロースト)」「深煎り(フルシティーロースト)」とあり、豆に合った焙煎を教えてくれます。

焙煎している間、サービスでコーヒーを淹れてもらえるのでそれをいただきながら店内で待ちます。

盛岡鉈屋町の生豆コーヒー店「fulalafuフララフ」のコーヒー

最強コンビ。チョコ×コーヒー。

豆を買わなくても、コーヒーだけ飲むことはできますが、基本的にコーヒー豆屋さんなので、コーヒー以外の飲み物、食べ物はありません。

コーヒーにはカレ・ド・ショコラのミルクがついてきます。

これ、美味しいですよねー!この組み合わせ最強です。

 

サービスのコーヒーは何が出てくるかお楽しみ。普段飲まない種類や、普段頼まない焙煎具合のコーヒーを飲み比べできるので、この一杯がとっても楽しみ!

新たなコーヒーとの出会いがあります。

 

盛岡鉈屋町の生豆コーヒー店「fulalafuフララフ」の店内

とにかくお店がかわいい。
しかも居心地がよい!

なんともおしゃれなお店です。3テーブルしかありませんが、いずれもゆったりソファー席です。

コーヒー好きのご主人が一人で切り盛りされていて、とっても感じの良い方なので居心地の良さもピカイチなのです。

 

豆は200gで900円〜1,500円くらい。

 

インドネシア・マンデリン、ブラジル・サントス、エチオピア(モカ)・シモダ、ドミニカAA他、鉈屋ブレンドというオリジナルもあります。

焙煎には30分位かかるので、週末など混んでいるときは数時間かかることもあります。電話で注文も可能です。

ちなみに不思議なお店の名前は、ご主人の息子さんが命名したそうですw

 

私はお酒が飲めませんが、悲しく思ったことはありません。

だってこの世にはコーヒーがあるから!そしてfulalafuがあるから!

盛岡さんぽからお知らせ

P4292685

いつも盛岡さんぽをご覧いただきありがとうございます!
写真も文章もちっとも上達しませんが、私の広大な盛岡愛が伝わればいいなー!といつも願っています。

最近は盛岡で出会う沢山の方に「盛岡さんぽ見てます!」と言っていただくことがほんとーーーに増えて、嬉し恥ずかしでございます…(*´Д`)

 

そこで少しでも読んでいただきやすくするべく、更新をほぼ毎週木曜日にすることにしました!
本職(Webデザイナー)が忙しい中、どこまでできるかわかりませんが…なので、「ほぼ木曜日」ですっ!

 

また、以前、もしFacebookページのいいね!が777になったら、なにかしようかな。とつぶやいたことがありますが、現在705のいいね!を頂いており、ほんとに777になる日が来るかもしれない気がしてきました…Σ(°Д°υ)

もし…もしほんとに777になったら、何かが起きる…かもしれません!!いや、起きないかも…。

https://www.facebook.com/moriokasanpo.net

Keywords

fulalafu

ジャンル コーヒー生豆
電話 019-681-7917
住所 岩手県盛岡市鉈屋町15-8-101
URL http://www.bizserver1.com/fulalafu/
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日
駐車場 有り
タバコ 禁煙
音楽 jazz

ページトップへ

Aki

神戸生まれ東京育ち、盛岡歴2年。Webサイト制作のお仕事をしています。
盛岡が気に入りすぎて、個人的に好きな場所やモノを紹介するブログを書くことになりました。
盛岡に住んでいる方には新しい発見が、盛岡を知らない方にもステキなところだと知って頂ければうれしいです。

※必ずお店の方に許可を頂いて写真を撮っています。※記事の内容は個人的な感想です。また施設やお店の情報は私が訪問した時のものです。現在と異なる場合がありますので、必ず施設やお店に直接ご確認ください。
※サイト内の写真の無断転用を禁止します。お使いになりたい場合はFacebookよりご連絡ください。

Aki

Copyright © 盛岡さんぽ All Rights Reserved