1. 盛岡さんぽ
  2.  > たべる
  3.  > シャンソンと絵画。完璧なレトロ喫茶店「珈琲六分儀」

シャンソンと絵画。完璧なレトロ喫茶店「珈琲六分儀」

喫茶店・中ノ橋

盛岡中ノ橋のシャンソンがかかるおすすめの喫茶店「六分儀」の店内

「調和」

盛岡で知らない人はいないのではないだろうか。もしかしたら行ったことのない人もいないかもしれない…!

昔からある、昔のままある。きっとこれからも変わらない。

このブログを始めた頃から、いつか絶対書きたいと思っていた喫茶店、「珈琲六分儀」。

店内にあるものすべてが宇宙のように調和してて、ここで過ごす時間は外の時間とはなんか違う流れ方をしているような気までしてきます。

盛岡中ノ橋のシャンソンがかかるおすすめの喫茶店「六分儀」のレコード

「普遍」

六分儀といえばシャンソン、シャンソンといえば六分儀。

お店ができてから41年、ずーーーと使っているレコードプレイヤーだそうです。レコードも当時のものそのまま…!

レコードは30分位で終わってしまうので、そのたびに手でレコードを変えなくてはいけないそうです。それを41年…なんか感慨深いものがあります…!

 

とある50代のお姉さんが、まだ学生だった頃このお店にシャンソンを聞きに来ていたという話をしてくれたことがありますが、まさにその時と何もかわらない音楽がここには流れ続けているのですね。

盛岡中ノ橋のシャンソンがかかるおすすめの喫茶店「六分儀」のコーヒー

「美人」

ストレートコーヒーが6種類ほどあります。それ以外にもカフェオレやウィンナコーヒー、アイスコーヒーなどがあります。

メニューには「可否」と書いてある。「コーヒー」だとチェーン店にいるサラリーマンを思い浮かべ、「珈琲」だと芸術かぶれのおじさまを思い浮かべ、「可否」だと手のきれいな美人を思い浮かべちゃうのは私だけでしょうか…。

 

紅茶も同じくらい充実してて、オーソドックスなのからブランデーティ、フローレンスティ、パキスタンティなんてのもあります。

喫茶店ならではのコーヒーフロートやレモンスカッシュ味、クリームソーダも完備。だいたい¥500〜600。

盛岡中ノ橋のシャンソンがかかるおすすめの喫茶店「六分儀」の店内

「循環」

六分儀はギャラリーでもあります。

主にご主人が書いた絵や版画が展示してあり、ちょいちょい入れ替わります。この色あせた壁が雰囲気あるキャンバスのようになって絵がまた映えます。

この壁もはじめは真っ白だったらしいです。

今は禁煙ですが、長年のタバコの煙でちょっとづつ色がついて、雑巾で掃除してたらこんな色になっていったそう。

確かドイツだったと思うのですが、喫煙率の高い国で、壁の色がタバコ色になるのはそのお店が長年お客さんに愛されている証拠だという話を思い出しました。

沢山の六分儀ファンが通い、お店は継続して、また私のように新しいファンができる。なんか見えない循環が垣間見た気がします。

盛岡中ノ橋のシャンソンがかかるおすすめの喫茶店「六分儀」の紅茶とケーキ

「故郷」

ケーキはチーズケーキ、レアチーズケーキ、チョコレートケーキの3種類。¥350です。ホットサンドも4種類あって¥350〜400です。

そして気になるのがコーヒーとホットサンドのモーニング¥650。10:00〜11:00までしかやってないので、なかなか食べられない!

 

盛岡は私の故郷ではありませんが、どうしても盛岡に「帰る」という言い方をしたくなります。

きっとこんなお店が、お母さんのようにいつでも待っていてくれる気がするからかもしれません。

Keywords

珈琲六分儀

ジャンル 喫茶店
電話 019-651-1987
住所 岩手県盛岡市中ノ橋通1丁目4-15
営業時間 10:00~19:00
定休日 火曜日
駐車場 無し
タバコ 禁煙
音楽 シャンソン、クラシック

ページトップへ

Aki

神戸生まれ東京育ち、盛岡歴2年。Webサイト制作のお仕事をしています。
盛岡が気に入りすぎて、個人的に好きな場所やモノを紹介するブログを書くことになりました。
盛岡に住んでいる方には新しい発見が、盛岡を知らない方にもステキなところだと知って頂ければうれしいです。

※必ずお店の方に許可を頂いて写真を撮っています。※記事の内容は個人的な感想です。また施設やお店の情報は私が訪問した時のものです。現在と異なる場合がありますので、必ず施設やお店に直接ご確認ください。
※サイト内の写真の無断転用を禁止します。お使いになりたい場合はFacebookよりご連絡ください。

Aki

Copyright © 盛岡さんぽ All Rights Reserved